【カリフォルニア:47】ジョセフ フェルプス ポートフォリオ デギュスタシオン #1 ミドルレンジ ホワイト

こんにちわ、HKOです。
本日から4回に渡りカリフォルニア初のカルトワイン インシグニアを生み出したジョセフ フェルプスのポートフォリオを追っていきたいと思います。
今回はソノマのニュープロジェクト、フリーストーン ヴィンヤーズのシャルドネ2種類と本家ワイナリーのソーヴィニヨンブランです。


【データ】
ジョセフ フェルブス ヴィンヤーズは1972年 セントヘレナ スプリングヴァレーに設立されたワイナリー。現在は7つの畑を保有しています(ラリーアンドハイド アンド サン、バッカス、バンカ ドラダ、ラス ロカス、ヨーントヴィル、サスコル ランチなど)。カリフォルニアで初めてシラーを栽培、また品種ではなく初めて固有のワイン名を冠したキュヴェを生産した事でも有名です。
また1999年にはジョーフェルプスによって、ピノノワールとシャルドネに特化したワイナリー(フリーストーン ヴィンヤーズ)を設立しました。
こちらはフリーストーン、クオータームーン、ファーガソンの区画を100エーカー所有しています。土壌は砂のローム層で200m~500m程度の標高の畑となっています。栽培はビオディナミ。
(ジョセフ フェルブス)
イニスフリーはカベルネソーヴィニヨンのセカンドワイン的な立ち位置で収量が多い時に作られるキュヴェ。ステンレスタンクで発酵、2~4年のバリックと大樽、アメリカンオークとフレンチオークを併用して16ヶ月熟成。
ナパヴァレー カベルネソーヴィニヨンはインシグニアのセカンド的な立ち位置のキュヴェ。ステンレスタンクで発酵の後フレンチオーク、アメリカンオークの新樽45%で18ヶ月の熟成を行います。
インシグニアはジョセフフェルプスのフラッグシップ。スタッグスリープやラザフォードのカベルネを使用して、フレンチオーク新樽100%で熟成。
バッカス ヴィンヤードはオークヴィルの同名の単一畑のブドウを使ってフレンチオーク新樽100%で熟成。
唯一の白のソーヴィニヨンブランはスプリングヴァレーヴィンヤードのブドウを使用してフレンチオーク新樽35%で澱とともに7ヶ月熟成。
(フリーストーン ヴィンヤーズ)
フォグドッグ シャルドネはフリーストーンのセカンド的な立ち位置で、ダットン ランチ ミル ステーション67%、フリーストーン33%のブドウを使ってフレンチオークで8ヶ月熟成。
フォグドッグ ピノノワールも同様のセカンド的な立ち位置。フリーストーン100%のブドウを使って25%フレンチオーク新樽を使用して熟成。
フリーストーン ヴィンヤーズ シャルドネはフリーストーン100%のブドウを使って40%フレンチオーク新樽で13ヶ月熟成。
フリーストーン ピノノワールはフリーストーン100%のブドウを使って35%新樽で13ヶ月熟成する。


【テイスティングコメント】
生産者: フリーストーン ヴィンヤーズ(ジョセフ フェルプス)
銘柄: フォグドッグ ソノマコースト シャルドネ 2011
品種: シャルドネ100%

約5400円、WA93pt(2006)
外観は透明感のあるストローイエロー、粘性は中庸。
存外にミネラル感がしっかりとあり、蜜の様な清冽とした果実味、マロラクティック発酵のまろやかなニュアンスが特徴的。シャサーニュモンラッシェ的な体躯のワイン。
小石の様なミネラルと洋梨やシトラス、蜜の様な果実味、そしてフレッシュハーブの様なアロマが感じられる。
バターやバニラ、ほのかにナッツの様な香りが感じられる。酸はかなり穏やかで、香りのふくよかさとは裏腹に、若干の中抜け感と苦味の余韻がある。洋梨やシトラス、バターなどの余韻が感じられる。


生産者: フリーストーン ヴィンヤーズ(ジョセフ フェルプス)
銘柄: ソノマコースト シャルドネ 2011
品種: シャルドネ100%

約7600円、WA91-93pt(2011)
外観は透明感のあるストローイエロー、粘性は中庸。
フォグドッグと比べるとよりミネラル感が突出、ふくよかさは落ち着いており、より筋肉質な体躯を感じる。
石灰を感じるしっかりとしたミネラル感やナッツのオイリーなニュアンスが前面に出ており、その裏に洋梨やシトラスの果実味が潜む、柑橘の甘さはあるものの、より密やか。濡れた木材やほのかなバターやイーストのニュアンス、フレッシュハーブ、白胡椒のニュアンスを感じることができる。、こちらはさしずめピュリニーモンラッシェ的か。酸は変わらず柔らかいが、苦味は控えめになり、より清冽なニュアンスに、柑橘とバター、ナッツのオイリーな余韻が綺麗に残っていく。


生産者: ジョセフ フェルプス
銘柄: ナパヴァレー ソーヴィニヨンブラン 2013
品種: ソーヴィニヨンブラン100%

約5600円、WA88pt(2008)
外観は透明感のあるストローイエロー、粘性は低い。
いわゆるソーヴィニヨンブランのナチュラルな白ぶどうのニュアンスとミネラル感が感じられる。
石を砕いた様なミネラル感、爽やかなグレープフルーツやパイン、マスカットなどのフォキシーな果実味が突出。その中でもかなり熟した印象があり、シロップの様なふっくらとした輪郭がある。フレッシュハーブやリコリス、白い花の清涼感のあるアロマが主軸となっている。
この中では十分に酸を含んでいる。さながらラムネの様な葡萄とほのかなバターやシロップの含み香がクリーミーな余韻を残していく。


【所感】
ごく僅かに気になる部分はあったものの、基本的にはどれもとても良くできたシャルドネ、ソーヴィニヨンブランだと思います。
まずシャルドネですが、どちらもかなりブルゴーニュの近い香りを持っていると思います。シロップのようなピュアで繊細な香りを持つ果実味、ミネラル感、MLFの香り。ニューワールドほどコッテリリッチでは無く、抑制の効いたバランスの良い香り。
特に低価格帯のフォグドッグはやや閉じ気味のフリーストーンと比べると、その方向が顕著に出ていると思います。
香りを嗅いだら「おお!シャサーニュっぽくない?」って思う感じかも。人によってはムルソーを思い起こさせるかもしれない。香りは本当にもう申し分ない。
ただ少し残念なところがあって、マロによる減酸が効きすぎているのか、かなり中抜けしてしまった味わいになってしまっていることでしょうか。
稀に高価格帯にも見られる話なので、これだけ挙げ連ねる訳ではないのですが、とにかく酸が少なくて、旨味も強く感じる訳ではありません。苦味がかなり出ている印象です。
最終的には好みの問題になるのですが、やや酸の強い地域のワインに慣れている身としては、物足りなさを感じる出来でした。香りは最高なんですがね。
フリーストーンはフォグドッグと比べると幾分か酸はありますが、基本的には近いスタイルだと思います。
対してソーヴィニヨンブランは多少熟度は高いながらも品種の個性がしっかりと現れたものになります。
ボルドーやセントル ニヴェルネの様な青草の様なニュアンスはあまりなく、ミネラル感とともにグレープフルーツやパインなどの要素と、シロップを思わせるふっくらとした輪郭があります。
清涼感もあり、なかなかいい出来だと感じました。
勿論ソーヴィニヨンブランの限界値を計るようなダグノーの突出した感じはなく、至ってソーヴィニヨンブラン的な味わいではあるんですが。
ただどのワインも比較的良くできているのですが、価格的に良い値段するので、人によっては他のものを、という選択肢になるかも。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR