【カリフォルニア:48】ジョセフ フェルプス ポートフォリオ デギュスタシオン #2 ミドルレンジ ピノノワール

こんにちは、HKOです。
ジョセフ フェルプス2回目は本懐カベルネソーヴィニヨンに向かう前に、新プロジェクトのピノノワール2本です。


【データ】
ジョセフフェルブス ヴィンヤーズは1972年 セントヘレナ スプリングヴァレーに設立されたワイナリー。現在は7つの畑を保有しています(ラリーアンドハイド アンド サン、バッカス、バンカ ドラダ、ラス ロカス、ヨーントヴィル、サスコル ランチなど)。カリフォルニアで初めてシラーを栽培、また品種ではなく初めて固有のワイン名を冠したキュヴェを生産した事でも有名です。
また1999年にはジョーフェルプスによって、ピノノワールとシャルドネに特化したワイナリー(フリーストーン ヴィンヤーズ)を設立しました。
こちらはフリーストーン、クオータームーン、ファーガソンの区画を100エーカー所有しています。土壌は砂のローム層で200m~500m程度の標高の畑となっています。栽培はビオディナミ。
(ジョセフ フェルブス)
イニスフリーはカベルネソーヴィニヨンのセカンドワイン的な立ち位置で収量が多い時に作られるキュヴェ。ステンレスタンクで発酵、2~4年のバリックと大樽、アメリカンオークとフレンチオークを併用して16ヶ月熟成。
ナパヴァレー カベルネソーヴィニヨンはインシグニアのセカンド的な立ち位置のキュヴェ。ステンレスタンクで発酵の後フレンチオーク、アメリカンオークの新樽45%で18ヶ月の熟成を行います。
インシグニアはジョセフフェルプスのフラッグシップ。スタッグスリープやラザフォードのカベルネを使用して、フレンチオーク新樽100%で熟成。
バッカス ヴィンヤードはオークヴィルの同名の単一畑のブドウを使ってフレンチオーク新樽100%で熟成。
唯一の白のソーヴィニヨンブランはスプリングヴァレーヴィンヤードのブドウを使用してフレンチオーク新樽35%で澱とともに7ヶ月熟成。
(フリーストーン ヴィンヤーズ)
フォグドッグ シャルドネはフリーストーンのセカンド的な立ち位置で、ダットン ランチ ミル ステーション67%、フリーストーン33%のブドウを使ってフレンチオークで8ヶ月熟成。
フォグドッグ ピノノワールも同様のセカンド的な立ち位置。フリーストーン100%のブドウを使って25%フレンチオーク新樽を使用して熟成。
フリーストーン ヴィンヤーズ シャルドネはフリーストーン100%のブドウを使って40%フレンチオーク新樽で13ヶ月熟成。
フリーストーン ピノノワールはフリーストーン100%のブドウを使って35%新樽で13ヶ月熟成する。


【テイスティングコメント】
生産者: フォグドッグ(ジョセフ フェルプス)
銘柄: ソノマコースト ピノノワール 2012
品種: ピノノワール100%

約5400円、WA89pt(2006)
外観は淡い色調のルビー、粘性は中庸。
フリーストーンとほぼほぼ方向性としては同じだと思う。
ソノマらしいイチゴの様な赤系果実の果実味を感じるキュートなピノノワール。
イチゴやクランベリーなどの赤系果実と共に梗の少し青い風味、そしてグローヴ、紅茶の様なアロマが感じられる。
スミレやなめし皮、少しだけ焦げたニュアンスがあるがほとんど目だない。
酸は滑らかで、タンニンも柔らか。グリセリンのまろやかさが、これらを包んで、非常に心地よい、飲みやすいタッチのワインとなっている。イチゴや茎の様な自然な味わいの余韻を残す。
ナチュラルな作りのピノノワールで、あまり醸造的な感じはしない。


生産者: フリーストーン ヴィンヤーズ(ジョセフ フェルプス)
銘柄: ソノマコースト ピノノワール 2012
品種: ピノノワール100%

約7400円、WA90-92pt(2011)
外観は淡い色調のルビー、粘性は中庸。
方向性としてはフォグドッグと違い、より凝縮度は高いと感じる。イチゴやクランベリーのリキュール、オリエンタルスパイス、グローヴや樹皮の様な香りが感じられる。
ほのかにミルクティーの様な要素も。
スミレやなめし皮の香りはより強く、華やかさが際立っている。ラベンダーや松、シナモンやグローヴなどの要素がある。ほのかにクルミの香りもある。
酸とタンニンはグリセリンに包まれて滑らかになっていて、イチゴや茎の様な余韻が感じられる。ソノマの王道的ピノノワールといった感じ。こちらもナチュラルな作りと言える。


【所感】
共にソノマらしいピノノワールだと思います。
やや密度に難のあるシャルドネと異なり、値段なりの手堅く品質の高いピノノワールを作っていると思います。
タイプとしてはハーシュやキスラーのピノノワールに近いと思います。
共通してイチゴやクランベリーなどのよく熟した赤系の果実、マロラクティック発酵によるまろやかさ、紅茶の様な抑制の効いた樽香が際立って感じられます。フリーストーンの方がよりリキュール的で華やかさや凝縮感が高いですが、受ける印象に大きな違いはありません。
自然派的でもないし、ブルゴーニュのグランクリュクラスの様なガッツリとした樽香があるわけでもなく、華やかさやキャンディ香を押し出したタイプではありません。
あくまでソノマコーストを象徴する様なキュートで、それでいてしっかりとした果実味を演出したキュヴェとなっています。
フリーストーンは先述の様にリキュールの様な香り高さ、凝縮感がありますが、それと共にハーブやスパイスの複雑さも付加されていて、いい感じですね。
どちらも樽の要素は感じますが、ローストした様な感じがなく、全面に出てくる様な感じではないす。
どちらも良いですが、個人的には2000円アドオンしてフリーストーンを購入したいところです。



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR