Kia Ora STEAK&GRILL(キアオラ ステーキ&グリル:汐留)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。
※★無しは「普通」です。好きじゃなかったのはそもそも書きません。


こんにちは、HKOです。
たまに無性に塊肉が食べたくなる衝動ってありませんか?
ありますよね?ないとは言わせない。
大体月一くらいでそんな感じの衝動が来るんですが、たまたま仕事が忙しいタイミングにぶつかるともう地獄ですよね。
今回はまさにそんな感じで(やや記事が荒れ気味であることからわかる様に)、身の内から湧き上がる殺意と戦っていた訳だけど、そういえば近くにエイジングステーキのお店が出来てたな、と。

という訳で、昼休みに行ってきました。
キアオラというお店です。

売りはエイジングしたニュージーランド産オーシャンビーフのリブアイとフィレ、それとスプリングラムです。
おっ、ワカヌイの衝動を発散できるかな?と。

ランチメニューは様々用意されてますが、リブアイステーキは2名からでとても2名分食べる気にもなれなかったので、サーロインと追加のラムチョップを注文しました。
パンかライスを選べますが、今回はライスを。
ライスはサフランライスです。


程なくラムチョップ到着。


◼︎NZスプリングラムチョップ(★★★)


追加500円のラムチョップ。
意外と小さい...? でもこんなものかな。
下にポテトサラダが隠れているのが、ちょっと嬉しい。
かなり柔らかく焼き上げられていて、ややレア気味に火が入っている。味付けは岩塩とペッパーというシンプルなもの。あまりラムっぽい臭みはなくて、とても食べやすいし脂身の甘みもくどくなくていい感じ。


すぐにメインのサーロインステーキがやってきます。


◼︎NZオーシャンビーフ サーロインステーキ(★★★+)


デカイ!
これはなかなかインパクトのあるサイズです。
ソースは醤油ベースの和風ソース。
グリル。こちらもややレア気味で火が入れられており、肉質は柔らかく、とてもしっとりとしている。
ナイフも綺麗に入ってくれる。基本的な味付けは岩塩とペッパー。脂身はかなり甘くて、肉自体の旨味も充実。
多少筋はあるものの、オージーはこんな感じでいい。
地味にこの程よいキュイソンが素晴らしいと思った。


ランチとしてはやや高めですが、とはいえサーロイン単体なら2千円を切る価格なので、この内容を考えるとかなーりお得感がありますね。リブアイやフィレは夜のコースで食べられるみたいなので、タイミングが合えば試してみたいです。

ちなみにここはワインのチョイスがなかなかいい。
コヤマ ワインズやフェルトンロードなど、気になる銘柄が揃っています。ワインバー利用にも向いてそうですね。


住所: 東京都港区東新橋1-8-2 電通本社ビル カレッタ汐留46F
店名: Kia Ora STEAK&GRILL(キアオラ ステーキ アンド グリル)
電話番号: 03-6686-9991
営業時間:
ランチ:11:30~14:30(LO14:00)
ディナー:(月~土)17:00~23:00(LO22:00)
(日・祝)17:00~22:30(LO21:30)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR