ルーロのフラッグシップ、ムルソー ペリエール。

こんにちわ。
最後はルーロの実質特級クラスの一級畑、ムルソー ペリエールです。
ブルゴーニュには、たまにそういった畑があったりしますよね。ジュヴレシャンベルタンにはクロ サン ジャックが、シャンボールミュジニーにはレ ザムルーズ、ヴォーヌロマネにはクロ パラントゥ、ニュイ サン ジョルジュにはヴォークランとレ サンジョルジュがあります。
同じ様に、ムルソーにはペリエールがあります。(他にもジュヴヌヴィエールとかグトードールとかシャルムとかありますが...)。こいつも値段はグランクリュ並なのでなかなか飲めません。

生産者はルーロ。ムルソーにはコント ラフォン、コシュデュリという二大巨頭が居ますが、それに次ぐ評価を得ています。新樽比率は大体25%くらい。
ムルソー一級畑を中心に畑名入り村名格ワインも生産しています。
ちなみに僕が飲んだ村名テソン プレジールはかなり美味しかったです。

今回はそのルーロのフラッグシップであるペリエールです。

生産者: ルーロ
銘柄: ムルソー プルミエクリュ ペリエール 2009

約21000円、パーカーポイントは96点。
色調は明るいレモンイエロー。
すごいシャンピニオンと腐葉土の香味。さすが...とにかく分厚く強烈、シャブリ グランクリュが前座にしか思えない。ミネラルも以外と強め。極めてオイリーでバターリーだが、徐々に洋梨、桃の果実味が出てくる。花の蜜やフレッシュハーブ、バニラや杏仁豆腐の甘みも。
引き締まった旨味と酸味。だしの様な濃厚さ。柔らかだが甘みがある。最高。素晴らしい豊満さがあるペリエール。


いやもう、本当に圧巻です。
このクラスのムルソーを飲むと本当にため息しか出ない。
造りとしてはラフォンのクロ ド ラ バールと似ていますが、より隙のない緻密で複雑な構成となっています。
いや、すげーわ、これ。
この生産者のワインは高いけど、やっぱり価値はあるなあ。

関連記事
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【ルーロのフラッグシップ、ムルソー ペリエール。】

こんにちわ。最後はルーロの実質特級クラスの一級畑、ムルソー ペリエールです。ブルゴーニュには、たまにそういった畑があったりしますよね。ジュヴレシャンベルタンにはクロ サン ...

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR