【ブルゴーニュ:120】DRC 2011 水平テイスティング #1(コルトン、エシェゾー、グランエシェゾー)




こんにちは、HKOです。
本日はドメーヌ ド ラ ロマネコンティの水平テイスティングを全4回に渡ってレポートしていきます。
初回は(DRCの中においては)下位とされる、コルトン、エシェゾー、グランエシェゾーをお送りします。
決して下位とは言い難いラインナップではあるのですが...行ってみましょう。


【データ】
DRCは言わずとも知れたブルゴーニュに置けるトップドメーヌであり、燦然と輝く最高のグランクリュ、ロマネコンティを所有する唯一のドメーヌでもあります。
現在の共同経営者はA.P.ヴィレーヌとアンリ フレデリック ロックの2名。栽培責任者はニコラ ジャコブ氏、醸造責任者はベルナール ノブレ氏。
以前はラルー ビーズ ルロワが参画していました。
栽培はビオディナミ。セレクション マッサールでクローンを選定した小粒のピノファンを使用。古木である事も合わせグリーンハーヴェストなしでも30hl/haに留まる。栽培を行い馬を使って耕作をします。
除梗は出来の良い年は全房で、熟度の低い年は3~4割除梗される。発酵は各クリュ専用のオーク樽を使用。低温浸漬は15度~16度で3日間。ピジャージュとルモンタージュは行う。補糖は原則行わない。
キュゥェゾンは18日~25日。32度から33度でマセラシオンを行う。熟成に使う樽はトロンセ、ベルトランジュ、ジュピーユ、アリエ産のオークをDRCで購入し、フランソワフレールで作られる。新樽100%で熟成。清澄は卵白を使用して行います。
保有する畑は以下の通り。
・コルトン(クロ デュ ロワ、ルナルド、ブレッサンド)
・エシェゾー(レ プライエール)
平均樹齢40年強、標高260~300m、バジョシアン石灰岩とマール。
・グランエシェゾー(レ グランエシェゾー)
平均樹齢50年弱、標高260mの平面、バジョシアン石灰岩、表土は80cm。
・ロマネサンヴィヴァン
樹齢15~50年、標高250m~265m、粘土質、表土は2m。
・リシュブール(レ リシュブール、レ ヴェロワイユ オー リシュブール)
樹齢30年~70年、標高260~280m、バトニアンのプレモー石灰岩、表土は80cm。
・ラ ターシュ(レ ゴーディショ オー ラターシュ、ラターシュ)
平均樹齢57年、標高250~300m、バトニアンのプレモー石灰岩とウーライト、表土は60cm~1m。
・モンラッシェ(ル モンラッシェ)
平均樹齢46年、標高255~270m、バトニアン硬質石灰岩+上部はバジョシアンのマール、表土は35~40cm。
・ロマネ コンティ
標高262~272m、東南東向き5%~15%斜面、バトニアン石灰岩+下部はバジョシアンのマール。表土は70cm~1.3m。

また各特級の若木を使った1級デュヴォープロシェがあります。ヴォーヌロマネの特級およびモンラッシェではいずれも区画最大所有者となっています。
ちなみに自社で瓶詰めはされませんがバタールモンラッシェと一部ヴォーヌロマネの1級畑も保有しています。


【ワインアドヴォケイトの点数】
コルトン 94pt 、エシェゾー 90pt 、グランエシェゾー 93pt 、ロマネ サン ヴィヴァン 94pt 、リシュブール 94pt 、ラターシュ 95pt 、モンラッシェ 97pt 、ロマネコンティ 96pt


【テイスティングコメント】
生産者: ドメーヌ ド ラ ロマネコンティ
銘柄: コルトン グランクリュ 2011

外観は赤みの強いルビーで粘性は中庸。
球体のある外交的で、甘露さを重視したキュヴェ。
グランエシェゾーの華やかさを落ち着かせて丸みを帯びさせた様な香り。十分に凝縮度が高く華やかな香り。
スミレや薔薇の様な華やかさと共に、茎やイーストの様な香りが伴う。イチゴやフランボワーズのジャムの様な濃密な赤系果実の果実味。トーストの香ばしい香り、
燻製した肉の香り、ベーコン、ヒノキやグローヴの様なスパイシーな香りが伴って現れる。ほのかになめし革やトマトの要素が感じられ、一塊になり、球体を形作っていく。
徐々にカフェオレやビスケットが現れる。
酸味は穏やかで、口に含むと強烈な旨味と果実味、澄んだ梅芝の様な含み香が広がっていく。タンニンは安定していて柔らかい。口の中で球体となる滑らかさある。
凝縮度は他のキュヴェと比べるとやや低く感じられる。1時間程度でピークを迎えた。



生産者: ドメーヌ ド ラ ロマネコンティ
銘柄: エシェゾー グランクリュ 2011

外観は赤みの強いルビーで粘性は中庸。
ヒステリックに高域へ伸びていく華やかさと凝縮感を主としたキュヴェ。
かなりミネラル感が強い。
コルトンの丸みがより先鋭化し驚異的な華やかさを放っていて、輪郭がはっきりしていて豪奢な高域に伸びていく様な香り。強めの抽出。
スミレや薔薇のアロマオイルの様な華やかさと鉄釘の様なニュアンスが際立っている。なめし革、その中にスパイシーさがある。瑞々しいアメリカンチェリーやイチゴのエキスを凝縮したかの様な果実味。五香粉や燻製の様な香り、プチトマトやバター、熟成した肉の様な旨味を感じる香り、ローズヒップティー、グローヴなどの要素が複雑に絡み合い、広域に伸びていく。シロップの様な甘みや血液のニュアンスも伴いはじめる。
酸が一際強く、旨味も包含、口の中で花畑が広がる様な華やかさがある。タンニンは柔らかく、球体的ではないが、滑らかで花に抜ける強烈な果実と花の香りがある。


生産者: ドメーヌ ド ラ ロマネコンティ
銘柄: グラン エシェゾー グランクリュ 2011

外観は赤みの強いルビーで粘性は中庸。
濃密で球体感があり甘露、同時に華やかさを放つキュヴェ。
エシェゾーと比べるとやや重心の低く、華やかさがありながら、グリセリン感や凝縮感をより強く感じる丸さを感じる事ができる。
トマト、強いなめし革やスミレ、薔薇の華やかなニュアンス。徐々にイチゴやラズベリーのコンポートを思わせる様な濃密で甘露な香りが漂い始める。パウンドケーキやブリオッシュ、バタースコッチなど。ほのかに熟成肉の様な旨味を感じさせる香りがあり、ヒノキやオリエンタルスパイス、グローヴなどの要素が球体となり、ある一方で華やかさを放っている。ディジョンマスタードや獣香が徐々に現れてくる。
タンニンと酸はエシェゾー相当。だが球体感はこちらの方が高いと感じられる。口の中で花畑が広がる様な華やかさとイチゴやラズベリー、なめし革を感じる含み香が感じられる。舌の上で滑る様な滑らかさがある。


【所感】
相も変わらず、コルトンやエシェゾーからして素晴らしい。既に普通のドメーヌのフラッグシッブクラスの味わいだと思います。
DRCの共通点としてやはりどのキュヴェに関しても高い凝縮感、華やかさを持っている事が挙げられます。例えばこの中では華やかさでかなり劣るコルトンですら、ブルゴーニュ全体においては華やかかつ凝縮感がかなり高い部類に含まれるのではないかと思います。
さて、では個別に見ていきましょう。
まずはコルトンから。
この中では比較的外交的なキュヴェで、質感の丸みや甘露さを重視したキュヴェと言えると思います。そして、今飲んでバランスが良いワインだと思います。
グランエシェゾーの華やかさを落ち着かせて、より丸みを帯びさせた様な香り。十分に凝縮度が高く華やかだと思います。
主体的な要素としてはイチゴやフランボワーズのジャムを思わせる濃密な果実味と共にトーストやベーコンの様な香ばしい香り、そこにバランス良く華やかなスミレや薔薇の香りが入り混じってくる。徐々にカフェオレやビスケットの要素が現れてきます。
赤系果実の丸みのある香りが特徴的です。約1時間程度で一旦のピークを迎え、この中では早めに楽しめるワインでありますが、既に品質としては突出していると思います。

次にエシェゾーです。
コルトンとは打って変わったタイプのワイン。
いかにもエシェゾーですが、より極端な作りになっていてヒステリックに高域へ伸びていく華やかさを主としたキュヴェになっていると思います。合わせてミネラル感もかなり強く感じられるものとなっています。
果実味自体は甘いタイプではなく、フレッシュかつドライで凝縮したものとなっていて、タイプとしては(提供直後の)ロマネコンティに近いと思います。
コルトンと比べると、その丸みがより先鋭化し驚異的な華やかさを放っていて、明確な輪郭があり、高域に伸びていきます。抽出は強めかなと感じますね。
凝縮感においてはコルトンと同様、この中では低めだと思いますが、それでも凡百のグランクリュに比べれば十分に凝縮感は感じられるのではないかと。
要素としてはスミレや薔薇の華やかな要素や鉄釘のニュアンスを前面に出していて、スパイシーな梗のニュアンス、その中にエキス感のあるアメリカンチェリーやイチゴのニュアンスとロースト香が感じられます。
非常に華やかな側面が強調されたキュヴェだと思います。

今回の最後はグランエシェゾー。
毎度グランエシェゾーはエシェゾーという名前のつく割には全く性質の異なるワインだと思っていましたが、やはりDRCも同じ印象です。エシェゾーと比べると抽出や酸の伸びやかさはやや控えめで、その分中域にとどまる様なグリセリン感、球体感、凝縮感が強い様に感じました。
エシェゾーというより、タッチとしてはコルトンに近い感じでしょうか。コンポートの様な甘い果実味やパウンドケーキの様な要素があり、キャッチーです。ロースト香の出方はエシェゾー寄りだと思います。ただ少し異なる点はDRCの中で最も獣香が表出している点でしょうか。
ある側面で複雑さを助長していますが、個人的にはこの要素には少し飲みにくい部分を感じますね。
華やかさも十分にありますが、エシェゾーほど高域に伸びていく感じはないですね。
かなり力強いタイプのワインでリシュブールの下位互換的なワインにも感じました。

以上です。
かなり個性豊かで畑の特徴が良く出ているワインだと思いました。
ここまで見てきてDRCのバックヴィンテージと比べると2011年はかなり梗のニュアンスが控えめに感じました。
DRCといえば全房発酵ですが、年によっては一部除梗しているみたいですが、難しい年だった今年はひょっとして除梗してたりして。
真偽の程はヴィレーヌ氏に聞かないと分かりませんが、なんとなくそんな感じがするんですよねえ。

DRCコルトン 2011

DRCコルトン 2011
価格:138,000円(税込、送料別)


【12月限定特価!】DRCエシェゾー2011

【12月限定特価!】DRCエシェゾー2011
価格:113,000円(税込、送料別)


DRCグランエシェゾー 2011

DRCグランエシェゾー 2011
価格:138,000円(税込、送料別)


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR