Brasserie Paul Bocuse Marunouchi(ブラッスリー ポール ボキューズ 丸の内:丸の内)

【前提】
※メニュー横の★はHKO主観の「もう一度食べたい度」です。シェフ渾身の一皿を素人如きの尺度と個人の趣味嗜好で、それがさも絶対の事実の様に評価するものでは一切ありません。
当てになりません、メモです。
★★★★★→今日にでももう一度食べたい!
★★★★→明日にでももう一度食べたい。
★★★→必ずもう一度食べたい。
★★→機会があればもう一度。
★→日常的に食べられると最高。


こんにちは、HKOです。
娘(2歳)と二人で丸の内まで散歩に行ってきました。
久方ぶりに妻不在の電車に乗っての移動ですが、特に目的もなく、結局皇居近くの広場で遊ばせてたり、スカイバスに乗って東京周遊したり...
まあ、あまり大した事はしてないんですが、ゲストには楽しんで頂けたようでした。よかった。

で、親子連れだと困るのが食事です。
勿論ファミレスや親子カフェとか入れる所はあるんですが、折角のパパのお休みなのに微妙な所でご飯を食べるのも勿体無い。

そんな中で、ブラッスリー ポールボキューズ 大丸が親子連れでも入れるらしく、子供向けのメニューもあるみたいで。

なんと、あのひとりぼ(ry が東京のパパママに有益な情報を掲載しちゃうゾ☆ 知らんけど。



大丸の上層階にあります。
既にカジュアルな雰囲気です。



テーブルクロスはあるのですが、上に透明なビニールの板、その上に白い紙が置かれています。
なるほど、子供連れだと結構こぼすのでイチイチテーブルクロス変えるのも面倒ですね。
外見白を基調としていて違和感は無いし、なかなかいいと思います。僕は一応その上からナプキンとおしぼり置きましたけどね。


メニューは紙の簡単なものです。
コースはサラダ+メイン+デザートの2500円コース、前菜+メイン+デザートの3500円コース、前菜+魚+肉+デザートの5000円コースの3種類。基本的にはお安いです。


お子様プレートは1200円と1500円の2種類。
両方とも共通してスープ、デザートがつきます。
内容はパスタかリゾットかの違いです。
お子様についても後述しますね。



パンは硬めのバケットで、カレー風味のリエットとオリーブオイルが付きます。
まず出てくるので、子供からせびられますが硬いのでご注意。


生産者: ヴーヴ アンバル
銘柄: クレマン ド ブルゴーニュ ミレジメ 2013

フレッシュで、いいクレマン ド ブルゴーニュだったのは記憶に残ってますが、当然子連れなのでテイスティングコメントは取っていません。でも美味しかったです。


■アントレ「冬のラタトゥイユと半熟タマゴ スモークサーモン添え」(★★)


ごぼうなどの根菜のラタトゥイユとポーチドエッグ、パイにスモークサーモンを乗せたもの。
根菜の風味がしっかりと残っていて食感もいいですね。
ポーチドエッグが半熟なので、ラタトゥイユに黄身を混ぜてふっくらと頂けるのもいい感じです。
スモークサーモンは瑞々しくは無いのですが、ちゃんと燻香があって塩気もしっかりと効いているので、パイによく合います。満足感のある一皿です。



■メイン「藁で燻した豚肩ロースのロティ 茸のソテーとキヌア ビーツのソース ヨーグルトのアクセント」(★★)


こちらも燻した一品。藁で燻した豚のロティをほのかに酸味を感じるビーツとヨーグルトのソースで頂きます。キヌアの上に茸のソテー。
豚のロースはプリッとしていて、パサパサしていません。
歯ごたえも良く旨味もあります。脂分は少なく、ビーツとヨーグルトのソースでさっぱりと頂けます。香ばしい燻香も○です。
キヌアは茸のソテーの味が結構強く、一緒に食べると美味しく頂けると思います。



■デセール「ムッシュ ポール ボキューズのクリーム ブリュレ」(★)


バニラの風味がしっかりと効いたクリームブリュレです。
キャラメリゼされた表面はパリパリで、しっかりとした甘みはありますが、そんなにくどくありません。
美味しいです。


3皿なんでアッサリとしたモンですが、まあ子供がいると悠長に食ってられないので丁度いいですね。
ブラッスリーという事で、あまり過剰な期待はしてなかったのですが、押し並べて美味しかったので大変満足しています。
どこぞのアレと比べると大分美味しいと思います。
どことは言いませんが...


以下子供向けのメニュー(1200円)です。
安い...それに大変よくできています。
ソファーがある席も多いので、子供連れには大変助かります。


■スープ「インカのめざめのヴルーテ」



■プレート「鶏とキノコのクリームリゾット チーズかけミートボール」




■デセール「小さなパンケーキとヴァニラアイスクリーム」




娘(2歳)も大満足で完食。最後に店員さんとハイタッチして帰って行きました。
子連れでのランチにはいつも困っていますが、大人も楽しめて子供も満足できる所はそう多くないので、大変助かります。
※グランファミーユ シェ松尾もいいんですが、遠いのです...

こういう業態が増えてくれるとお父さん的には大変嬉しいですね。




■別件
2日に渡って丸の内ブラブラ。
子供も寝ていたし、カフェが混んでたので新丸ビルに入っているビアレストランで一杯やる。


でっかいヴァイスビア。


ソーセージ1000円。


なんと4本で4600円である(真顔
流石の丸の内価格。休日パパにはこうかぜつだいだ!(白目




2日目は千疋屋総本店 丸の内KITTE店でクイーンストロベリーパフェ。最高かよ。
2700円。死ぬ。


【子連れ時の注意点】
特にないです。
デパートの中なのでオムツ替えもできますし、危険なものも置いていないので、安全です。
対面よりはソファー席で隣同士が良いと思います。カトラリー類は完備。
席はやや高めなので、高さを調整できるものを持ち込めるとベスト。なければ食べさせてあげてください。




住所: 〒100-6712 東京都千代田区丸の内1丁目9−1, 大丸東京店, グラントウキョウノースタワー12F
店名: Brasserie Paul Bocuse Marunouchi(ブラッスリー ポール ボキューズ 丸の内)
電話番号: 03-5218-2211
営業時間:
11:00~23:00(21:30 L.O.)
ランチ営業、日曜営業
関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR