【ロワール: 11】ソーミュール最上の生産者、クロ ルジャール2010水平テイスティング Part.1

こんにちは、HKOです。
本日はロワール最上の生産者のひとりであるクロ ルジャールの水平テイスティングです。
そもそも貴重な上、水平する機会も限りなく低いので、かなり勉強になりました。
そして、かなりキュヴェごとに違いがあるという部分もしっかりと見えてきましたね。

まず第一回はシュナンブランのブレゼと、スタンダードなル クロからいきます。


【データ】
クロ ルジャールは1664年に設立された世界最高峰のカベルネフランを作り出すソーミュールシャンピニーの生産者。現在はシャルリー フコー、ナディ フコーが指揮を取っています。
樹齢は40年~45年。栽培はビオディナミで行われており、収量は春の芽掻きや冬場の摘芽により最大限にまで抑えられています。(なんと30hl/ha。低収量主流のローヌに劣らない低収量!)、そして収穫は手摘みのみ。
最もベーシックなソーミュール シャンピニー「ル クロ」は平均収量は40hl/ha、樹齢30年~40年の複数区画のブドウから生産されます。自然酵母にてステンレス及びセメント槽にて発酵、熟成はポワイユーで使用した2年樽にて約2年行います。発酵・熟成中は亜硫酸の添加をせず、ノンフィルタにて瓶詰め。
単一区画「レ ポワイユー」は南向き斜面の上部に位置し、風通しが良く温暖な気候となっています。平均収量は35hl/haで、樹齢40年~45年。
選果された葡萄は100%除梗、選果台で更に選果を行います。発酵は主にステンレスタンク、もしくはセメント槽で行われ、自然酵母で発酵。30日程度の長いマセラシオンの後、新樽とシャトーラトゥール使用の1年樽で36ヶ月の熟成が行われます。
そして単一区画「ル ブール」はクロ ルジャールのフラッグシップにあたります。
平均収量は20hl/ha。樹齢75年~80年、自然酵母にて木樽で発酵、木樽は新樽を2割から3割使用し、残りは1年及び2年樽を使用。発酵で使用した樽をそのまま用い約2年5ヶ月熟成。発酵・熟成中は亜硫酸の添加をせず、ノンフィルタにて瓶詰めされます。
最後はシュナンブラン100%の白ワインである「ブレゼ」。
畑は南向きの斜面に広がり、日照に優れ石灰質が強く通気性の優れた粘土に火打ち石が混ざる土壌。
収穫量は40hl/haで、樹齢40~50年のシュナン ブランを使用。自然酵母にて木樽で発酵、木樽は新樽を2割から3割使用し、残りは1年及び2年樽を使用。熟成は発酵で使用した樽をそのまま用い約2年行います。発酵・熟成中は亜硫酸の添加をせず、ノンフィルタにて瓶詰めされます。


【テイスティングコメント】
生産者: クロ ルジャール
銘柄: ソーミュール ブレゼ 2010

外観はストローイエロー、粘性は低い。
石のようなオイリーなミネラルと共に、よく熟した蜜のような綺麗な果実味や焼き栗の様な風味、そして少し磯の様な印象が感じられる。高密度の洋梨やリンゴのような果実味、ローストナッツ、白い花や蜂蜜のような風味が感じられる。やはりリッチさを感じさせるシュナンブランだが、2008年と比べると酸もしっかりと感じられる。
ギュッと引き締まった酸味と共にレモンやリンゴのような余韻、いつぞやのブレゼと比べるとボティにまでしっかりとエネルギーが行き渡っている。


生産者: クロ ルジャール
銘柄: ソーミュール シャンピニー ル クロ 2010

外観は澄んだ淡いガーネット、粘性は中庸。
カベルネフランらしいピーマンの様なグリニッシュさと共に熟した黒系果実の果実味が感じられる。
ピーマンの様な青い風味と共に、熟したブラックベリーやダークチェリーの様な果実味(過熟と言う訳ではなく冷涼な雰囲気を漂わせた、平準的なボルドーを思わせる適度な熟度)が感じられる。
そしてアスパラガスや甘草、ユーカリ、濡れた土や樹皮、燻製肉の様な風味や、ほのかに炭焼きの風味も感じられる。
綺麗に酸が際立っていて、タンニンはしなやか。
タンニンではなく、酸がしっかりとした骨格を形成しており、冷涼なエレガンスを感じさせる。
液体の密度も詰まっており、ダークチェリーやピーマンの様な余韻をハッキリと感じられる。


【所感】
今までクロ ルジャールはブレゼとポワイユーしか飲んでなかったので、かなり発見がありました。
まずブレゼですが、2008年を少し前に飲んだ感じでは、非常にリッチなのにも関わらず、液体にボディが伴っておらず、少しスカスカした中抜け感があったのですが、2010年に関してはそんな感じではなかったですね。
そもそも熟成してないので、そんなにリッチな香りはまだ出ていないのですが、そうなる片鱗はありつつ、酸がしっかりと引き締まっていて、骨格がしっかりと感じられます。オイリーなミネラル感とローストナッツ、生き生きとした洋梨やリンゴのような果実味があります。
改めて思うのがシュナンブランはオールマイティな品種だなぁと。変に個性的な香りがある訳ではなく、ある意味シャルドネなんかに近くて、土壌や醸造をそのまま映し出す様な感じというか。
だから、ブレゼもとてもシャルドネにタイプは近いなと感じました。これといった特徴がない、っていうのが近い。
面白いですね。
ちなみに個人的にはこれだけ酸が漲っているのであれば、あと2年で中抜けする様な事はなさそうだとは思います。
単なる予測ですが...。

次にスタンダードなカベルネフラン、ソーミュール シャンピニー。
かなり良く出来ていて、高級感の溢れるカベルネフランの香りが楽しめます。ただポワイユーと比べると明らかに、収量的な問題なのかもしれませんが、青さを感じます。
しっかりと熟した果実味があり、決して青さだけではないものの、やはりポワイユーやブールと比べると全体に占める青さの割合は比較的多い様に感じました。樽香もあり、複雑さもあります。
サンテミリオンの様なカベルネフランの比率が多いワインと比べると、かなり近しい部分はあるのですが、はっきりと違う部分があります。「酸」です。
サンテミリオンのワインは酸も十分にありますが、やはり感覚的にはタンニンの方が優勢なワインが多い様に感じられます。外観もより濃く、タンニンと酸で骨格を形成している印象があります。
ただ、ソーミュール シャンピニーは明らかに酸が優勢。
タンニンは然程気にならない程度です。ロワールらしい冷涼なエレガンスがあり、カベルネフラン的な構成要素をピノノワールの様なボディに適する様に再構成した様な感じでしょうか。
ズッシリとしたグリセリン感も、厚いタンニンも、過熟した果実味もないので、かなり繊細な作りですが、過不足がないんですよね。いいワインです。
改めてロワールのカベルネフランの作り方の模範的な一つのモデルケースを認識した様な気がします。

次回はポワイユー、そして貴重なフラッグシップであるブールをレポートします。




【ロワール:10】ロワールトップクラスの生産者が作るソーミュールとプイィフュメ。

こんにちは、HKOです。
本日はロワールのセントルニヴェルネ最上級のバロン ド エルと、ソーミュールのクロルジャールの白を利きます。


【データ】
クロ ルジャールは1664年に設立された世界最高峰のカベルネフランを作り出すソーミュールシャンピニーの生産者。現在はシャルリー フコー、ナディ フコーが指揮を取っています。
樹齢は40年~45年。栽培はビオディナミで行われており、収量は春の芽掻きや冬場の摘芽により最大限にまで抑えられています。(なんと30hl/ha。低収量主流のローヌに劣らない低収量!)、そして収穫は手摘みのみ。
今回のブレゼはシュナンブラン100%の白ワイン。
畑は南向きの斜面に広がり、日照に優れ石灰質が強く通気性の優れた粘土に火打ち石が混ざる土壌。
収穫量は40hl/haで、樹齢40~50年のシュナン ブランを使用。自然酵母にて木樽で発酵、木樽は新樽を2割から3割使用し、残りは1年及び2年樽を使用。熟成は発酵で使用した樽をそのまま用い約2年行います。発酵・熟成中は亜硫酸の添加をせず、ノンフィルタにて瓶詰めされます。

ドゥ ラドゥセットはシャトー ドュ ノゼに端を発するプイィフュメの老舗生産者。現当主はパトリック ドゥ ラドゥセット氏。
現在はプイィフュメの最も高台の地、サン タンドランを中心に100ha以上の畑を所有しています。
フラッグシップのバロン ド エルはサン タンドランの中でも最も立地が良いとされるル デゼールの樹齢40年以上の古木から造られるキュヴェ。土壌は火打石から成る泥土と貝殻から成る石灰岩層上にあるキンメリジャンの泥灰土。ファーストプレスの果汁のみを使用し、澱を沈殿させるため48時間静置。ガラスでコーティングされたステンレスタンクで14度以下の温度で発酵し、8ヶ月間酵母と共に熟成させ、さらに15ヶ月以上澱と共に貯蔵。


【テイスティングコメント】
生産者: クロ ルジャール
銘柄: ソーミュール ブラン レ ブレゼ 2008
品種: シュナンブラン100%

約8000円、WA92pt(2007)
外観は濃い黄金色、粘性は高い。
ヴィンテージに対して恐ろしい程熟成が進んでおり、いわゆるシャルドネの2次ピークに近い様な素晴らしい香りを醸し出している。
ミネラル感がありながら、ブランデーやカラメルの様なビターなアロマや、黒砂糖の様な風味も感じられる。白カビ、バターなどのミルク的な要素、そしてヘーゼルナッツなどの風味もある。濡れた木材、またドライフルーツやアンズの様な味わいが感じられる。非常に複雑な味わい。
旨味はしっかりと感じられ、口の中に強いアタックを感じられるが、中域の中抜け感がかなりある。
酸を失っているからか、あまり厚みを感じる事が出来ない。ただアプリコットや濡れた木材のアロマが口の中に広がっていくのは中々いいと思います。


生産者: ラドゥセット
銘柄: プイィ フュメ バロン ド エル 2009
品種: ソーヴィニヨンブラン100%

約13000円、WA91pt(2008)
外観は少し緑を帯びたイエローで粘性は中庸。
硬いミネラル感と燻香を帯びたプイィフュメで、香りの鮮明さは極めて高い。
火打石やわずかに燻したような燻製香、パイナップル、シトラスなどの爽やかな果実味がある。いわゆるソーヴィニヨンブラン的なフォキシーフレーバーは控えめ。ローストナッツ、フレッシュハーブ、白い花の様な清涼感のあるアロマが感じられる。
全体的にハーブや燻製香、果実味が強い様に感じられる。酸はフレッシュで滑らか。過剰な突出はなく、比較的強いボディがある。シトラスやライムのような含み香、燻した香りが口の中に広がっていく。
爽やかだが、なかなかボディは強く厚みがある。


【所感】
まず高騰著しいクロルジャールから。
クロルジャールといえばやはりカベルネフランから生み出されるシュヴァルブランとも比較される強烈なソーミュール シャンピニー。今回は同じくソーミュールから作られるシュナンブランです。
まず特徴的なのは、おおよそ2008年、7年熟成とは思えないほどの熟成感でしょうかを1990年代前半のシャンパーニュを思わせる香ばしくも滑らかで甘露な香り。いわゆるマロラクティック発酵をしっかりとかけて減酸したタイプの味わいが熟成した時のブランデー、カラメル、黒砂糖の様なアロマが特徴的です。樽と果実味と酸が馴染んだ香りといいますか、そんな滑らかな香りを既に感じられます。かなり酸化的な措置をしているんじゃなかろうかと思います。
ただ馴染んではいるものの、少し気になるのは口に含んだ時の中抜け感です。何回か出くわすことがあって、例えばルシアン ル モワンヌの2011ラベイ ド モルジョ、アンリジローのコトーシャンプノワなど、比較的豊満に作る生産者で出くわす事も多いです。
あまり酸が無い年に減酸して、結果として旨味成分の骨格となる酸まで減退させている印象です。旨味成分自体は乳酸から作られるものなのですが、旨味に転化する前に終わっちゃってる感じ。少し勿体無いですね。
次にラドゥセットのバロン ド エル。
これは素晴らしいプイィフュメだと思います。
プイィフュメといえばディディエダグノーが最上の生産者とされますが、少し異質というか、プイィフュメから逸脱したものがあると思っています。
対してラドゥセットのそれはプイィフュメの王道を確実に抑えながら、その中での最上級の品質を実現していると思います。フレッシュなソーヴィニヨンブランの果実味、ただ青いフォキシーフレーバーは感じさせず、硬いミネラル感と燻した様なスモーキーな香り、白い花やフレッシュハーブのアロマが漂います。
プイィフュメの枠内で語れる範囲で最大限の複雑さとミネラルを感じさせてくれます。
凝縮した感じもありますし、酸と香り、含み香のバランスがとても良い。素晴らしいワインだと思います。
...しかし気になったのが、この特徴的な燻香がどこから出ているのか...です。
製造は基本ステンレスタンクで樽香が介在する部分は見受けられないのですが、これは一体...。
やはり酵母でしょうか。今後の参考のためにちょっとプロの人に聞いてみたいですね。




【アルザス・ロワール: 9】熟成を考える(フランス ロワール地方 ゲヴェルツトラミネール)

こんにちは、HKOです。
本日はアルザスの熟成ゲヴェルツトラミネールです。
リースリングは結構飲む機会があるのですが、ゲヴェルツトラミネールの熟成は稀です。
楽しませてもらいました...


【データ】
トリンパックはアルザスに1626年に設立された老舗ドメーヌ、現在の名声を確立したのは9代目フレデリックエミール時代。(現在は12代目)
45haの自社畑の1/3は特級畑、すべて有機栽培を実践しております。
今回のキュヴェ セニョール ド リボピエールは良年のみに作られる辛口ゲヴェルツトラミネールよ最上キュヴェです。全体のフラッグシップは白ラベルのクロ サンテューヌ、ヴァンダンジュ タルティヴ、セレクション グランノーブルがあります。
上位キュヴェとして金ラベルが、そしてネゴスラベルとして黄ラベルがあります。


【テイスティングコメント】
生産者: トリンパック
銘柄: セニョール ド リボピエール ゲヴェルツトラミネール 1985
品種: ゲヴェルツトラミネール100%

約20000円、WA88pt
外観は淡いストローイエロー、粘性は中庸。
比較的クリーンで少し残糖を残した様な香りを感じるゲヴェルツトラミネール。極めて若々しく、ゲヴェルツでありながらリースリングを思わせる香りを含んでいる。
ミネラル感が際立っており、引き締まったペトロール香がある。そして酸味が豊かなカリンやパイナップルなどの果実味、カマンベールの様な香り。バタークリームやイースト、そしてシロップやハチミツの様な甘み、ムスクのような風味が感じられる。
酸は繊細で、カマンベールの様な強い余韻を感じる。
余韻は長くパワフル。


【所感】
恐ろしく若いゲヴェルツトラミネールです。
以前少し熟成した2002年のフレデリック エミールを飲んだ時に、「こちらも若いな」と思いながらも、「きっとそもそもリースリングやゲヴェルツトラミネールはミネラル感しっかりとしているし長熟なのだろう」で済ませてしまっていたのですが、ほぼほぼ30年を経過しているヴィンテージがここまで若々しいというのは驚愕です。
ハチミツやカマンベールを思わせる熟成香はあるものの、まだまだボディは健在、若いヴィンテージは飲んだ事がないのですが、果たして如何程堅牢であったのか。恐ろしいワインです。
この原因は全くわからないんです。
ミネラルが乗っているのでボティがしっかりしているのはわかる。ただ熟成香があまり出てこないのは何故なのか。貴腐っぽいニュアンスが少しあるので、それかしら...アンチエイジングの達人だな...
シャルドネやセミヨン、ソーヴィニヨンブラン、マルサンヌ、ルーサンヌやヴィオニエの常識はちょっと通用しなさそうなワインですね...



【アルザス・ロワール:8】シノンの熟成カベルネフランを利く

お疲れ様です、HKOです。
本日はロワールの赤の名産地シノンを代表するシャルル ジョゲの古酒です。


【データ】
ドメーヌ シャルル ジョゲは1840年に設立されたシノンを代表する老舗生産者。1960年代半ばからドメーヌ元詰めを始めています。
15ha の所有畑からその区画と樹齢の違いにより5種類のシノンを生産。
栽培の細かな事は分かりませんが、平均樹齢30年、収穫から破砕までの時間を最短にするために、葡萄畑の真ん中に醸造所を置いています。


【テイスティングコメント】
生産者: シャルル ジョケ
銘柄: シノン クロ ド ラ ディオトリ 1999
品種: カベルネフラン100%

約9000円、WA-pt
外観はオレンジを帯びた淡いルビー、粘性は中庸。
極めてエレガントな体躯のカベルネフラン。熟成によってタンニンが完全に小慣れており、果実味の出方はサンテミリオンというより、ボルドーロゼにも似ている。
旨味に満ちたイチゴやフランボワーズの果実味。そしてカベルネフラン種に現れる僅かなシベット、獣香が主体的に感じられる。ドライハーブや濡れた土や木材、ウオッシュチーズの様な個性的な芳香をほのかに内包する。消毒液、ハチミツなどの風味も。
カベルネフランが完全に熟成するとここまでエレガントになるのか。それにしては足が速いが、ロワールの熟度だとこんなものかもしれない。
酸味は柔らかく、タンニンも穏やか。土やイチゴなどの余韻が感じられる。完全に熟成し、出汁の様な芳香が感じられる。


【所感】
周りではかなり評判が良かったようで、実際タンニンが綺麗に落ちたエレガントなカベルネフランになっていました。その一方でウォッシュチーズの様な独特の風味があり、独特のクセみたいのが混じるのが気になりますね。野生的で少し獣香的な風味が出ていると感じました。
液体自体はとてもエレガントなのですが、香りが少し雑多で洗練されているとは少し言いにくい味わいだと思います。
美味さでいうならば十分美味しいと思います。
ただボルドーの様な洗練された古酒とは少し趣が異なると感じました。悪いワインとは決してないです。



【アルザス・ロワール:7】不朽のリースリンク、フレデリック エミール2002

こんにちは、HKOです。
本日はアルザスの大手生産者トリンパックの上位キュヴェであるフレデリック エミールです。


【データ】
トリンパックはアルザスに1626年に設立された老舗ドメーヌ、現在の名声を確立したのは9代目フレデリックエミール時代。(現在は12代目)
45haの自社畑の1/3は特級畑、すべて有機栽培を実践しております。
今回のキュヴェ フレデリックエミールは特級ガイスベルグとオステルベルグの区画で作られたリースリングです。
フラッグシップは白ラベルのクロ サンテューヌ、ヴァンダンジュ タルティヴ、セレクション グランノーブル。
上位キュヴェとして金ラベルが、そしてネゴスラベルとして黄ラベルがあります。

【テイスティング】
生産者: トリンパック
銘柄: リースリング キュヴェ フレデリック エミール 2002
品種: リースリンク100%

WA92pt
外観は明るいストローイエロー、粘性は中庸。
アルザスらしい力強いミネラル感とリースリンク固有の個性的なペトロール香がある。極めて冷涼で引き締まった味わいがありながら、しっかりとしたボディが感じられる。カリン、ライチなどの旨みと酸味を感じさせる果実味、そしてドライハーブや白胡椒。ナッツやシナモンなどの芳香。
一番的なアルザスと比べると、ボディは厚めで、酸は柔らかく感じられる。極めて旨みのある味わい。アフターはカリン、ライチのエキゾチックな果実味が感じられる。


【所感】
より重厚なミネラルとペトロール香が存在していた2008年に比べると穏やかになっていると思います。とはいえ、依然強烈なペトロール香があることは間違いありません。
ヴァン ド ガルド型のワインである事は分かっていましたが、2002年ですら全体的な印象に変化がないのは驚きました。白胡椒やハーブのアロマはあまり変わりません。
果実味に関しては、もともとは熟したフルーツのアロマや味わいがありましたが、より、こなれた旨みが前に出ています。
ボディは穏やかになっていますが、依然力強いワインだと感じました。

しかしフレデリックエミールの飲み頃っていつ来るんだろうか...
クロ サン テューヌもそうなんですが、強固すぎて飲み頃の予想が全くつかねえ...

プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR