【南アフリカ:10】ザ サディ ファミリー ワインズ Part.2 レッドワイン

こんにちは、HKOです。
本日はサディ ファミリーの続きです。



【データ】
ザ サディ ファミリー ワインズは南アフリカにおける最上の生産者。当主はイーベン・サディ氏。10代の頃から15年間ヨーロッパのワイナリーで修業、スパイスルートで醸造責任者を担当。1998年にスワートランドに自身のワイナリーを設立しています。
今回のワインは赤はソルダード、ポフェイダー、コルメラ。
ソルダードはウエスタンケープ、ピーケニアスクルーフの標高700mの畑から産出。冷涼な東向き斜面の花崗岩土壌。
グルナッシュ単一品種。
ポフェイダーはスワートランド カステルバーグ西の畑から産出。土壌は粘板岩と分解頁岩。
コルメラはスワートランドのバードバーグ、カステルバーグ、マルムズバリー、ピケットバーグの高い標高から産出されたシラー、グルナッシュ、ムールヴェードルを使用。解放樽で発酵後、プレス。8区画ごとにフレンチオークで12カ月発酵。新樽10%程度。
白はスカーフバーグ、スケルピオン、パラディウスの3種類。
スカーフバーグはオリファンリヴァー スカーフバーグ斜面より産出。土壌は石が混ざった砂質で、標高は高く海に近い乾燥した地域。古樽で12カ月熟成の後ブレンド。
スケルピオンはスワートランドの西海岸から産出。土壌はチョークと石灰岩。乾燥した地域。樹齢60年。古樽で熟成。
パラディウスはパードバーグ、花崗岩質の13区画と、砂質土壌の4区画に植えられた計9品種から産出。
選果しながら収穫、圧搾は伝統的なバスケットプレス。卵型のコンクリートタンク、アンフォラ、古い木樽に入れられ発酵~24か月間熟成。
フラッグシップは無灌漑の古樹のみから造られるローヌブレンドのコルメラと、独自アッサンブラージュのパラディウス。


【テイスティングコメント】
生産者: サディ ファミリー ワインズ
銘柄: ソルダード 2015
品種: グルナッシュ100%

獣香香るラムネのような果実味と華やかでありながら突出したシャトーヌフに酷似。
レッドカラントやラズベリーなどの甘酸っぱい果実味と共に、やや強めの獣香、生肉の様なニュアンスが感じられる。イースト、花の蜜の様な甘い香り。甘草やジンジャーブレッドなどのスパイシーさ。瑞々しいスミレやユーカリの様なほのかな青さが統合して感じられる。
ほのかにユーカリや茎の様な青さを感じる。
酸もタンニンもやや控えめで、甘酸っぱい果実の風味と獣香の余韻を感じられるが、やや短め。
ボディとしては低めでやや水っぽさを感じてしまう。


生産者: サディ ファミリー ワインズ
銘柄: ポフェイダー 2015
品種:サンソー 100%

外観は明るいルビーで粘性は中庸。
極めて華やか。蜜のような果実味があるフレッシュなキャンディ香。ニュージーランドのピノノワール(あるいはボージョレ)に酷似。
フレッシュなイチゴやラズベリーの果実味があり、非常に甘露。フレッシュなキャンディ香。砂糖漬けのスミレが主軸になっている。ややエナメルリムーバーの様なアルコール感を感じる。
そしてブリオッシュや鉄観音の様な樽香。ユーカリやベーコンの様な香りも感じられる。赤リンゴ、リコリスの様な風味。比較的クリーンなタッチ。
酸もタンニンもしっかりと感じられ、甘みを包含し立体感を感じさせる。特に酸がやや強めで、甘みを帯びているので心地よい。そして含み香は生のスミレの様な華やかさ。



生産者: サディ ファミリー ワインズ
銘柄: コルメラ 2014
品種:シラー、ムールヴェードル、グルナッシュ

やや濃いめのガーネットで粘性は中庸。
凝縮した果実味、樽の効いた比較的強めのロースト香。
複雑かつ繊細、凝縮した果実味はカリピノ的な体躯を思わせる。(キスラーにも似ているかも)傑出している。グリセリン感すら感じさせる果実味。
イチゴやダークチェリーのコンポートの様な果実味、バターやミルクポーションの様なまろやかさ。焼けたゴムや黒糖の様な樽香、ブリオッシュなどの風味が感じられる。
甘露さとMLFをしっかりと主張しながら重くならない様に相当気を使われている。そこにスミレや赤い花の華やかさ、シダーウッドの様な清涼感、スパイシーなパストラミハムが相乗する。ユーカリやクローヴの様なほのかな青さも複雑さを助長している。
タンニンは柔らかく、酸もシルキー。立体感もあり、厚みを感じる。コーヒーやチョコレート、ダークチェリー、昆布の含み香を感じる。めちゃうま。



【所感】
本日はサディ ファミリーの赤です。
赤もバリエーション豊かで、3種類とも方向性が異なっている様に思えました。
ソルダードはシャトーヌフにも近いスタイルのワイン、ポフェイダーはややそこから洗練されてニュージーランドのクリーンなピノノワール。そしてコルメラはカリフォルニアのハイクオリティのピノノワールを思わせる作りでした。
共通して感じるのは各々の品種、グルナッシュ、サンソー、シラー、ムールヴェードルから連想される味わいからは離れた冷涼で凝縮感を重視した作りになっています。
過剰な重さ、ボリューム感は無く、いい意味で削ぎ落とされたスタイリッシュなワインが作られています。
その最もたるはコルメラ。モダンで豊かな果実味と巧みな醸造を感じ取れる秀作になっていると感じました。

ではソルダードから。
先述した通りタイプとしてはロジェ サボンやボーカステルを思わせる香りの要素や輪郭を感じますが、それらより冷たく冷ややかで、華やかさをやや強めに感じ取れるものとなっています。線の細さはガメイとかそこらへんに近いんですが、結構獣香があるので、そこでしょうか。
全体的によく出来ていると思うのですが、かなり線が細い、というか凝縮感に欠けるので、人によっては物足りなさを感じるかもしれません。

次にポフェイダー。
明るいタッチのキュートな果実味が魅力的ですね。
若々しいキャンディ香とフレッシュやイチゴやラズベリー、砂糖漬けのスミレなど華やかさとフレッシュさを前面に感じる作りですね。樽も目立っておらず、むき出しのピュアな果実を感じる作りです。サンソーはピノタージュの交配元という部分で、あまりこういった印象が少ないワインになっていますが、かなりフレッシュさによったサンソーになっています。そういう意味でいうとプロヴァンスのロゼあたりに感覚としては近いのかなとも。
ワインの骨格もしっかりとしていて、華やかさに満ちた素晴らしいワインになっています。

最後はコルメラ。
個人的にはこれらのワインの中で最も完成度が高く、世界基準の品質で見ても高い方に含まれる様な気がしています。
非の付けどころが殆どない優秀なワインになっています。
タイプとしてはキスラーに似ていると思います。
甘くフレッシュな赤系果実の果実味と、マロラクティック発酵的なミルクの様な甘露な要素、ブリオッシュや黒糖、スミレの様な華やかさと上質なピノノワールの要素が揃っている。ただスパイシーさはシラーとかグルナッシュから感じられる部分がそのままですね。全体的にはグルナッシュ色の方が強いかも。
グルナッシュではラヤスやアンリボノーあたりは自然派ピノの要素を感じる事もありましたが、このモダンなスタイルは珍しいですね。スペインの冷涼なグルナッシュともまた違うし、ローヌブレンドでこれは結構珍しいんじゃないかと思います。
素晴らしいワインでした。

全体的に言うと、優れたワインも非常に多いですが、全てのポートフォリオが優れている、と言うわけではない様です。
それはどんな生産者にも言える事なのですが(例えばマルゴーのサードとか、優れた生産者のACブルだとか)裾物はそれなり、最上級が如何に素晴らしいかで語られる事が多いと思います。この生産者もそうなのかな、と思います。
手放しですべてが優秀、と言うわけではないのですが、良かったです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・サディ・ファミリー / ポフェイダー [2015]【赤ワイン】
価格:5832円(税込、送料別) (2017/4/24時点)





【南アフリカ:9】ザ サディ ファミリー ワインズ Part.1 ホワイトワイン

本日は南アフリカ最高の生産者イーベンサディ率いるザ サディ ファミリー ワインズのテイスティングです。
全体のポートフォリオとしては白はスカーフバーグ、スケルピオン、フラッグシップのパラディウス。赤はソルダード、ポフェイダー、トレインスプール、フラッグシップのコルメラがあります。
今回はトレインスプールを除いた全種類となります。



【データ】
ザ サディ ファミリー ワインズは南アフリカにおける最上の生産者。当主はイーベン・サディ氏。10代の頃から15年間ヨーロッパのワイナリーで修業、スパイスルートで醸造責任者を担当。1998年にスワートランドに自身のワイナリーを設立しています。
今回のワインは赤はソルダード、ポフェイダー、コルメラ。
ソルダードはウエスタンケープ、ピーケニアスクルーフの標高700mの畑から産出。冷涼な東向き斜面の花崗岩土壌。
グルナッシュ単一品種。
ポフェイダーはスワートランド カステルバーグ西の畑から産出。土壌は粘板岩と分解頁岩。
コルメラはスワートランドのバードバーグ、カステルバーグ、マルムズバリー、ピケットバーグの高い標高から産出されたシラー、グルナッシュ、ムールヴェードルを使用。解放樽で発酵後、プレス。8区画ごとにフレンチオークで12カ月発酵。新樽10%程度。
白はスカーフバーグ、スケルピオン、パラディウスの3種類。
スカーフバーグはオリファンリヴァー スカーフバーグ斜面より産出。土壌は石が混ざった砂質で、標高は高く海に近い乾燥した地域。古樽で12カ月熟成の後ブレンド。
スケルピオンはスワートランドの西海岸から産出。土壌はチョークと石灰岩。乾燥した地域。樹齢60年。古樽で熟成。
パラディウスはパードバーグ、花崗岩質の13区画と、砂質土壌の4区画に植えられた計9品種から産出。
選果しながら収穫、圧搾は伝統的なバスケットプレス。卵型のコンクリートタンク、アンフォラ、古い木樽に入れられ発酵~24か月間熟成。
フラッグシップは無灌漑の古樹のみから造られるローヌブレンドのコルメラと、独自アッサンブラージュのパラディウス。


【テイスティングコメント】
生産者: サディ ファミリー ワインズ
銘柄: スカーフバーグ 205
品種:シュナンブラン100%

外観は透明感のあるストローイエロー、粘性は中庸。
王道的シュナンブラン。多少穀物的かつ非常に甘露。オイリーかつクリーンな質感のワイン。
熟した黄桃やアプリコットの様な果実味があり、そこに小石を感じさせるミネラル感を感じさせる。麦、フレッシュハーブや蜜蝋、白胡椒の様なスパイス感を感じさせる。イーストの様な風合いがある。
酸とボディの厚みも潤沢で、ハチミツや上白糖の様や含み香、黄桃の様なニュアンスの余韻を感じさせる。
余韻自体はあまり長くないが、旨味があり、心地よい味わいが尾をひく。



生産者: サディ ファミリー ワインズ
銘柄: スケルピオン 2015
品種: シュナンブラン50%、バロミノ フィノ 50%

外観は透明感のあるストローイエロー、粘性は中庸。
より蜜の香りとオイリーさが強く、穀物の香りはやや控えめになっている。こちらもクリーンな質感。
より鮮明な輪郭。
白桃や洋梨の香りと共に、オイリーな油分の香り。フレッシュ感に満ちている。ナッツや白胡椒、アスパラガスの様な香りを感じさせる。白い花の香り。重いスカーフバーグと比べると軽妙。
酸味は感じられるが柔らかく、やや薄めに感じられる。
厚みも控えめで、さわやかでフレッシュな白桃のフレッシュな余韻を残す。



生産者: サディ ファミリー ワインズ
銘柄: パラディウス 2014
品種:シュナンブラン、グルナッシュブラン、クレレット、ヴィオニエ、ルーサンヌ

ほのかな辛子の様な香りと濃密な上白糖、引き締まったミネラル感を感じさせる。
上白糖、白桃やシトラスの様な果実味があり、そこに複雑な辛子やクレイ、石灰の様な強靭なミネラル感を感じさせる。ややブランデーの様な甘露さでヘーゼルナッツやバターの様な感じもある。白胡椒やブリオッシュ、ハチミツの様な要素がある。
酸味、ボディ共に申し分なく、アタックのはっきりした酸と厚みのある甘露さを感じさせる。伸びに物足りなさを感じるが、ニューワールド的で、白桃や上白糖の甘い含み香が素晴らしい。



【所感】
本日は白ですね。シュナンブラン単一のスカーフバーグ、バロミノ フィノとのアッサンブラージュのスケルピオン、シュナンブランに南仏品種を加えたパラディウス。
全体的に余韻は短めではあるのですが、どのキュヴェもかなり手堅く作られています。シュナンブランの王道を行くスカーフバーグ、オイリーさと果実の香りが目立つスケルピオン、そして南部ローヌ、あるいはニューワールド的な側面が強いパラディウスと比較的バリエーションが豊かに感じられました。
スカーフバーグは先述した通り、南アのシュナンブランの王道ともいうべき作り。果実味豊かで穀物的。クリーンな質感があります。
核種系の果実、はちみつをベースに穀物や蜜蝋、ミネラルを綺麗に感じさせます。ボディにも不足感はなく、クリーンで洗練されたワインになっています。
余韻は短いですが、旨味豊かで完成度は高いです。
次にスケルピオン。
この中では厚みが控えめで、やや薄めのワインに感じられました。
香りこそシュナンブランの穀物を抑えミネラル、蜜の香り、白胡椒を押し出していて複雑。されど、厚みにバランスの悪さを感じました。
スカーフバーグの厚みと対照的で、多少の物足りなさを感じるキュヴェに感じました。
最後にパラディウスですが、これは流石というか、前述2本と比べると完成度に大きな違いを感じました。
独特の辛子のような複雑な香りに上白糖のような凝縮した果実味と引き締まったミネラル感を感じます。
これはMLF的な要素もあり、さながらブランデーにも似たアタッキーかつ甘露で滑らかなタッチがあります。ニューワールド的でわかりやすくしっかりと作られたワインです。こちらも余韻は少し物足りませんが、十分に及第点クラスの味わいだと思います。

どれも土壌の構成に即した作りになっていると思います。
一部薄さを感じたり、余韻の部分に違和感を残す部分はありますが、基本的にはとてもレベルの高い南アのワインになっているかと。

ただやはりその本懐は赤。そうコルメラを飲んで感じました。
続きは次回。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ザ・サディ・ファミリー /スカーフバーグ [2015]【白ワイン】
価格:5832円(税込、送料別) (2017/4/24時点)








【ブルゴーニュ:146】ブルゴーニュ最高峰、ニューリリースのモンラッシェ含む白2本

こんにちは、HKOです。
本日はブルゴーニュ白のグランクリュです。



【データ】
オリヴィエ ルフレーヴ フレールは、故ヴァンサン ルフレーヴの甥であるオリヴィエ ルフレーヴによって1984年に設立されたネゴシアン部門。ポートフォリオは幅広く、コート ド ボーヌの白を中心に、ヴォルネイやポマールなどの赤をリリースしています。
買いぶどうは信頼できる栽培農家に収穫日、栽培方法を指定し、厳密に管理したぶどうを購入しています。複数農家から買い上げたぶどうは瓶詰め直前までブレンドされず、畑の特徴を考慮しながらブレンドされます。
※全てが買いぶどうでは無く、一部の畑(ムルソーポリュゾやクロサンマルクらは自社畑)
シュヴァリエモンラッシェはビオディナミで栽培、100%手収穫、平均樹齢40年、平均収量は48hl/ha。30%新樽で17カ月(うち3カ月はステンレスタンク)無清澄、軽く濾過をする。

ドメーヌ ポンソは1872年にウィリアム ポンソによって設立されたモレ サン ドニに拠点を置くスター生産者。
基本的には有機農法にて栽培を実践しており、畑での剪定を厳格に行い、収穫は極限まで遅らせて葡萄が完全に熟した状態で収穫します。
醸造および熟成時に新樽は一切使用せず旧樽のみ使用し、長時間の高温発酵、SO2をなるべく添加しない、など技術革新と葡萄にキチンと手を入れる事が出来るドメーヌです。今回のモンラッシェは15hl/haと収量もかなり抑えています。ただ全体的にお値段は高め。フラッグシップはシャンベルタン、クロ ド ベーズ、クロ ド ヴージョ、クロ ド ラ ロッシュ、クロ サン ドニ、白は2010年にリリースされたモンラッシェです。


【テイスティングコメント】
生産者: オリヴィエ ルフレーヴ
銘柄: シュヴァリエ モンラッシェ グランクリュ 2013

外観は透明感のあるイエローで粘性は高い。
凝縮感があり強靭でミネラリーな体躯。切り立った透明感のあるオイリーさ主体的で、そこに凝縮した甘露な果実味が併存する。
胡麻油や石の様なミネラル感、溶剤、コンテチーズの様な要素。
熟した白桃や杏子の果実味。上白糖の様な繊細な甘露さ。
ローストナッツやモカの様な樽香、強めに焼いた栗の様なニュアンスが感じられる。樽の要素とミネラルが強く、熟しているが果実味が付随的に感じる。
酸は丸みは感じられるものの、ややシャープ。それと同時に厚みもあり、余韻はレモンと塩気に近い鋭さを持っている。


生産者: ドメーヌ ポンソ
銘柄: モンラッシェ グランクリュ 2013

外観は透明感のあるイエローで粘性は高い。
非常に濃密で凝縮した甘露な芳香。だが緩さがなく、濃厚な果実味の中に強靭なミネラルが感じられる。
果実の驚異的な熟度。
洋梨や白桃のコンポート、クレームブリュレ、バニラ、糖蜜の様な樽とMLF、果実味が一体化した甘露な香りが主軸で、その中にオイリーなミネラルが存在する。副次的に軽く塩をふったカシューナッツや焼き栗。
少し温州みかんを感じさせる甘酸っぱさ、出汁感を感じさせる。また、徐々にフルーツケーキの様な香りも。焦がした要素は目立たず、果実味と完全に調和している。
非常に甘露だが、どこか引き締まった酸味を感じる。
液体の酸はしっかりとあるが丸みを帯びていて、どちらかというと旨みの方が主体的。若いにもかかわらずオレンジや出汁感を余韻に感じさせる。



【所感】
生産者自体は異なりますが、比較的ハッキリとモンラッシェとシュヴァリエの違いを感じられるテイスティングとなったかと思います。
方やオリヴィエ、方やポンソのニューリリースと。
それでもその出自の違いは歴然です。
シュヴァリエは硬質で冷たいミネラル感がありますし、モンラッシェは豊満かつボリューミーで大きい規模感を持っています。
ミュジニーとボンヌマール、そしてシャンベルタンとクロ ド ベーズ。
ブルゴーニュには兄弟と呼ばれる様な畑か幾つかあり、その中の一つではありますが、前述の2つの関係性とは全く異なっています。
輪郭や凝縮感といった部分ももちろんありますが、この2本を隔てているのは質感、ミネラル、ボリューム感発露の向きに集約されます。
いわばAlteregoです。
構成する要素は似通っているけれど、バランス感の際で大きな違いを生み出している。そのバランスは土壌や日照条件から生み出されている。
これは生産者によって覆せない部分はあるのかもしれません。
んで、生産者毎に見ていくと、両方とも特段ピーキーな作りをしているかというとそうではなく、ある意味手堅い作りをしていると感じました。
オリヴィエもポンソもそうで、シュヴァリエとモンラッシェの方程式に沿ったワイン造りをしている印象です。
双方ともグランクリュならではの風格のある果実味があり、豊かな装飾が施されています。
オリヴィエはオイリーさと酵母のニュアンス、果実味が調和されています。
樽香も比較的強く感じられ、まだその部分は溶け込んでいない印象です。
次にポンソのモンラッシェは、意外にもモンラッシェ的なワインを作っています。ポンソ的、というよりモンラッシェです。
豊かな果実味が完全に前面に出ていて、樽とMLFの要素が溶け込んでいて、甘露でボリューム感を演出しています。
ただ、そこに強靭なミネラルが走っており、決して緩い感じではないですね。
熟成していないにも関わらず、熟成感とは違うんですが、かなり出汁感があり、酸味も豊かです。全体的に強い作りのワインだと思います。
双方とも突出したワインでした。素晴らしい。

やっぱりブルゴーニュの最上級クラスはえもいわれぬ官能性がありますね...


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ポンソ】グリオット・シャンベルタン [2010]
価格:29986円(税込、送料別) (2017/4/24時点)







【ボルドー:42】ちょっと熟したソーテルヌ、ギロー。

こんにちは、HKOです。
本日はちょっとだけ熟したシャトーギローです。


【データ】
シャトー ギローはソーテルヌ地区最大のシャトーの1つ。所有者はハミルトン ナービイ(1981~)で、買収後はディケムのように一粒一粒ブドウを摘むことや、樽発酵や新樽での長期熟成といった手法をギローでも採用し、品質を向上させている。
ソーヴィニョン ブランのブレンド比率が高いが、遅摘みにより熟した粒だけを確実に収穫。存外にリッチなワインが出来る。1983年ヴィンテージ以降のギローはバルサック/ソーテルヌ地域でトップ6に含まれる。
平均年間生産量は9600本。作付け面積は85ha(ソーテルヌ最大級)。平均樹齢は25年、平均収量は12hl/ha。発酵と30ヶ月間の熟成はオークの新樽で行う。清澄も濾過も行う。
ボルドー シュペリュールの赤ワインと、辛口白の「G」もリリースされている。



【テイスティングコメント】
生産者、銘柄: シャトー ギロー 2006
品種: セミヨン65%、ソーヴィニヨンブラン35%

やや濃いめのイエローで粘性は高い。
完成度の高いソーテルヌだが熟成感はほとんど感じられない。
ソーテルヌの王道的な作り。
オイリーでエナメルリムーバーやヨード香の様な風合い。そして黄桃やアプリコットの様な力強い果実味があり、ハチミツや白カビなどの要素。
そして白胡椒や白い花の様な風味も感じられる。
酸がしっかりと引き締まっていて、糖度は高くともダレた部分はほとんどない。甘露さはハチミツに近く、ハーブや洋梨のコンポートなどの余韻がある。


【所感】
レストランやワインショップでは、ソーテルヌの中では比較的よく見るシャトーギロー。ただ実は今回飲むのは初めてだったりします。
2006年と10年程度の熟成は経ていますが、流石に貴腐、殆ど熟成感を感じません。多少酸やクリアさの部分は落ち着いてはいますが、殆どリリースしたばかりと変わらないのではないかと思います。
品質は流石に上等で、ソーテルヌの王道的な作りをしていると感じました。黄桃やアプリコットを煮詰めたような果実味、蜂蜜、白カビなどの要素を感じます。
酸もちゃんと引き締まっているのもいいですね。
甘口で感じるダレはなく、バランス良くまとまっています。
価格もそう高くはないので、選択肢には入れやすい貴腐だと思います。



【ボルドー:41】熟成した右岸の高品質ボルドー Part2

こんにちは、HKOです。
本日は右岸2回目。念願のテルトルロートブッフです。


【データ】
テルトル ロートブッフはヴァランドローと並ぶサンテミリオンにおけるシンデレラワイン。
フランソワ ミジャヴィル相続以降、1980年代から急激にその評価を伸ばし、徹底した品質管理を行なっています。
その高品質からムエックス社を通じ、パーカーに試飲してもらった結果、今の名声を築き上げています。
畑はラ モンドットに隣接。パヴィの丘の南向き及び南西向き急傾斜面。石灰質を含んだ粘土質土壌。
栽培面積は5.7ha、生産本数25000本、樹齢40年、収量は33hl/ha。
コンクリートタンクで3~4ヶ月マセレーションと発酵。
新樽100%で18ケ月から22ケ月熟成。樽内マロラクティック発酵。
セカンドワインはロック ド ガンプ。


【テイスティングコメント】
生産者、銘柄: シャトー テルトル ロートブッフ 1993
品種: メルロー85%、カベルネフラン15%

外観はやや濃いめの橙を帯びた透明感のあるガーネット、粘性は中庸。
非常に高い凝縮感があり、若々しく果実味に満ち溢れている。ブランデーを思わせる品の良さ。キャラメルトフィーやチョコレート、ブラックベリーやプラムの様な熟した果実味がある。程よくミルクティーの様な風合いも感じられる。そして濡れた土や枯れた草の熟成香がおり混じっている。徐々にスモーキーさや燻製肉の様な香りも帯びてくる。チョコレートバナナ、ほのかにドライフラワー。バニラの様なMLF要素もある。
香りからは想定できない様な酸とタンニンの滑らかさ。
旨味もよく出ているが、少しタンニンが優勢かもしれない。果実味と木材、燻製肉の様な風味が素晴らしい。
かなりしっかりと作られている。


【所感】
テルトル ロートブッフです!
セカンドのロック ド カンブのあまりの美味さに、ファーストは如何程美味いんだろうか...と思いを馳せたりした時期もありましたが、遂に飲む機会に恵まれました。
結論、やっぱすごいワインです。メチャクチャ美味いです。
性質としてはすこしニューワールド的な性質が色濃く感じられるのですが、樽の甘い香りと果実味の凝縮感が高いレベルで融合しています。
MLFの要素もあり、甘やかかつ華やかに仕上がっていると思います。
割とはっきりとした味わい、力強さで、コンセイヤントの繊細さとはかなりタイプが違うと思います。
基本的に経年を強く意識をさせないワインですが、とはいえちゃんと熟成香もあり、タンニンと酸もしなやかに落ち着いてきています。
いいですね。シュヴァルブランほど浮世離れしていないし、オーゾンヌほど難解でもなく、パヴィほどタニックでもない。いい意味でキャッチーで親しみやすいタイプの味わいかと。
念願叶いました、やったぜ!



プロフィール

HKO(はこ)

Author:HKO(はこ)
HKOです。
世界を股にかけない普通の内勤サラリーマン。
体はピノノワールとシャルドネで出来ていますが、最近は専らシラー、グルナッシュ、ヴィオニエなどの南仏品種や、ジンファンデルみたいな濃い品種が好み。貴重なワインや興味深いワインを求めて日夜東京を徘徊する日々。
食べ歩きを2014年頃からスタート。
ミシュラン星付きフレンチ(2017年度版まで)制覇まであと2店舗。
2店舗のハードルが高いので、最近は手軽なビストロなどを周遊。
基本フレンチ/イノベーティブ/フュージョンを愛するが、イタリアンや和食にも食指を伸ばす日々。ペアリングは考えず、皿の中で終局する世界観を大切にしています。

カテゴリ
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
検索フォーム
ついった
物欲センサー
物欲センサー2
リンク
QRコード
QR